京都造園建設業協会の活動
1 緑化技術協力
ボランティア剪定

・船岡山公園
・京都府庁舎

毎年、府庁前樹木を協会員のボランティアにて剪定し、京都の「透かし」の技術を展示公開できるようにしています。歴史的建造物である府庁舎の緑地を京都の来訪者を敬意をもって迎えるべく美しく保っております。

海外日本庭園作庭

・ロンドン庭園(イギリス)
・青島庭園(中国)

京都の作庭技術を世界に伝え、楽しんでもらうため、また国際親善のため現地に協会員が行き日本庭園を作庭しております。(ロンドン・青島)

2 緑化技術の向上(技術者育成)
街路樹剪定士
公園樹管理士
植栽基盤診断士

技術の更なる向上と次世代の担い手を育成するために京の匠の技を現在の公共工事に活かし高レベルの緑化技術研修を行っています。

3 緑化啓発
グリーンフェアの開催
日本庭園を世界に発信プロジェクト

私たちの仕事を広く一般の皆様に知ってもらうために緑化啓発などに取り組み緑化推進への理解の向上を目指しております。

4 災害協力
防災協定(京都市)
防災協定(環境省)

京都市・環境省を始めとする行政機関との連携を高め、災害時における被害想定と連絡体制・協力体制をしっかり確立し不測の事態に備えています。

5 協会員教育(内部教育)
安全衛生講習
公共工事勉強会(品質向上)

普段からの仕事に対する身構え考えをしかっりと身に着け、労働監督署等との連携・指導を徹底し、健康安全に業務に取り組めるよう講習をしています。