thumb161022

京都府庁剪定ボランティア at 京都府庁

平成28年10月22日、京都府庁におきまして、公園樹管理士(協会員)による剪定ボランティアを行いました。 府議会議員の先生方や京都府庁の方々にもご覧いただくことができました。 今回も観芸祭の初日に併せて開催し、公園樹管理士の剪定技術を大勢の府民の皆様に披露でき、大変有意義な一日となりました。

thumb160913

環境省 京都御苑管理事務所における防災訓練 at 環境省 京都御苑管理事務所

  環境省 京都御苑管理事務所と締結いたしました災害発生時における応急対策活動に関する協定に基づいた訓練を環境省 京都御苑管理事務所様立会いのもと実施いたしました。 訓練内容は止水板の設置で、災害発生時、特に大雨の際、苑内利用者の安全性等の確保を考慮し、下水道管で処理できずにあふれ出した水が苑外に流出するのを防ぐ訓練です。 止水板保管場所の確認、設置の手順から片付けまで説明を請け、訓練を行いました。  

さくら並木の樹木調査 at 右京区京北下弓削地区

台風一過の8月30日、季節の移ろいを感じるさわやかな秋晴れの下で、京都市右京区京北下弓削地区の弓削川においてさくら並木の樹木調査を実施いたしました。 この桜並木は、約20年前に地元の有志の方々がボランティアで植栽された桜の苗木が、時を経て立派に成長し現在では京北地域を代表する景観の名所になりつつあります。 今回の調査の目的は、現在残念ながら樹木として手入れをされていない桜並木を調査し、手入れの必要な樹木については適切な手入れ手法を管理者(京都土木事務所)に提案することです。 調査の冒頭には京北出張所所長 片山氏によるご講演、地元より下弓削環境保全協議会会長 草木氏による弓削川桜

thumb160316

船岡山公園でのデモンストレーション      

少し寒い曇天の中、船岡山公園にて剪定のデモンストレーションが開催されました。 公園樹管理士の技術力を府民の方や行政に広く見て頂くために毎年行っております。 この日は朝9時より、京都市建設局みどり政策推進室 森和博公園管理部長様よりごあいさつがあり、その後京都造園建設業協会の公園樹管理士の手により公園樹がみるみる変貌していきました。 剪定とは、1年間成長した茎や枝を短くし、また混み合った所をすっきりと風通しを良くするために行います。 最後には見違えるようになった公園で、多くの市民が散策しておられました。

thumb151024

京都府庁剪定工事ボランティア at 京都府庁 旧本館北側のマツ

平成25年11月、平成26年12月に続き3回目の公園樹管理士(協会員)によるボランティア活動です。 前回は旧本館前を剪定しましたが、土曜日だったため一般府民の方に見てもらう事ができなかったため 今回は「観芸祭」の」初日に併せて開催しました。 これにより一般の来庁者の方にも見てもらう事ができ、ガイドツアーとして協会員による作業説明を行えました。